ご機嫌になる時間帯やキーワードをさがしておく

特に赤ちゃんの撮影の場合は、一日の中でも赤ちゃんのテンションが上がりやすい時間帯に、ご予約を取られる事をおすすめします。

普段から、これをやると必ず笑う!というポイントをつかんでおくと、笑顔がよりひきだしやすくなります。定番ですが、「いない、いないばぁ!」や「パチパチ!」など。赤ちゃんの好みをさぐっておくのもポイントです。

お母さん、お父さんも撮影を楽しみにする

親の思いを、お子様は敏感にキャッチします。お父さん&お母さんも、撮影を楽しみにしていることが、実はとっても大切です。